口腔保健学科では、学科研究室棟に歯科医師・歯科衛生士教員が常駐し相談に応じる「国家試験対策室」の設置や、国家試験にむけての対策を学外においても実施できるようにする「教育支援システム」を用意し、受験者全員の合格をめざします。
歯科衛生士になるには、国家試験に合格して「歯科衛生士」の国家資格を取得する必要があります。国家試験には受験資格を持たなければなりません。その資格を得るには、養成課程を修了する必要があります。
養護教諭は、児童・生徒の心身の健康管理を行うと同時に、学校の保健教育の担い手にもなります。それだけに医療・看護・保健衛生などの幅広い知識と、地域社会にまでおよぶ視野を持つことが必要とされます。
医療事務は、病院の規模を問わずに診療報酬請求事務をはじめ、レセプト作成、患者さんのデータをまとめなおす作業、医師のスケジュール管理などが主な仕事となります。
  • 病院
  • 歯科医院
  • 介護施設
  • 歯科関連施設
  • 一般企業その他