全学臨時休講措置に関する取り扱い Extraordinary leave

通学を阻害する下記の状況が発生した場合の授業(定期試験を含む)の取り扱いは次のとおりとする。
また、休講措置をとった場合は、本学のホームページおよびCCSにおいて告知する。
その場合、原則として構内への立ち入りを禁止し、図書館を含む学内施設の使用を中止する(学内事務の取り扱いも中止する)。

取り扱い詳細

気象警報発令時の休講措置

大阪府の指定地域(大阪市、北大阪、東部大阪のいずれか)において、「暴風警報」・「暴風雪警報」・「大雪警報」・「大雨特別警報」・「暴風特別警報」・「大雪特別警報」・「暴風雪特別警報」(以下総称して「暴風警報等」という)のいずれかが発令された場合の授業の取り扱いは、別表のとおりとする。

交通機関運休時の休講措置

下記の指定交通機関が同時に全面運休(一時的な運転見合わせは除く)となった場合の授業の取り扱いは別表のとおりとする。

  • JR西日本(東海道本線の京都~大阪間)
  • 阪急電鉄(京都線)

その他の状況による休講措置

  1. 本学スクールバス「エレガンスエクスプレス」が運行不能の場合は、休講措置をとることがある。
  2. この内規に定めのない場合であっても、自然災害等により通学が阻害される状況が発生したときまたは発生が予測されるときは
    休講措置をとることがある。
  3. 授業中に休講する要素が発生した場合には、休講措置をとることがある。

その他

上記の指定地域外に暴風警報等が発令されており、通学上危険であると自ら判断し、授業を欠席・遅刻・早退した場合は、申し出により「公欠」または「追試験」を適用することがある。なお、この場合できる限り、当時の状況を証明するものを添付すること。

別表

状況授業の取り扱い
午前6時30分の時点において、次のいずれかの状況にあるとき
  1. 暴風警報等が発令されている場合
  2. 指定交通機関が運休している場合
全日
「授業」休講
午前6時30分から9時までの間に、次のいずれかの状況にあるとき
  1. 暴風警報等が発令された場合
  2. 指定交通機関が運休した場合
全日
「授業」休講
(備考)
状況の確認は、テレビ・ラジオまたは気象庁・各交通機関のホームページの報道によるものとする。
表中の「授業」には定期試験を含む。
「大雨警報」や「洪水警報」等による休講措置はないことに注意すること。