8学科の教員があなたをサポートします。

看護学科

斉藤 早苗

教授

斉藤 早苗

サイトウ サナエ

担当科目
セクシュアリティ論、母性看護学概論、母性看護援助論、看護研究演習、助産論、母性看護学実習、総合実習
研究分野
女性看護学、母性看護学、助産学
私のチャレンジ
日常生活の色々な現象に興味を持つこと

性と生殖に関する健康支援について、具体的には、女性の身体の特徴、女性の一生と身体の変化、女性のライフイベントの妊娠・出産・育児における看護について一緒に学んでいます。

受験生へのメッセージ
看護に興味を持っている人。私の科目は、看護師になるためには必ず受けなければならない科目(必修科目)が多いので、女性・母性看護学に興味がまだない人も役立つ、受講して良かったと思える姿勢で臨んでいただきたいです。

私のイチオシ授業

母性看護学概論
女性の一生をライフステージごとに、身体・心の健康課題について学ぶ授業です。もちろん、身体・心は、取り巻く社会や環境に影響されますので、そのことも踏まえて学んでいきます。ですから変化する授業内容でしょうね。
教材に工夫しています。映像、実物、模型などを用いて、教科書的でなく、自分の身体で理解してもらうことを心がけています。
これから看護職となり、自身も女性として一生を送るのですが、「自分を大切に」「自分を守る」ための知識と技術を身につけてもらうことをめざしています。
学生が興味を持つのは、その研究分野の主にどんなところですか?
生と性について、高校までに学んだことより、より広く、深く学んでいくことです。知っていたつもりをより学問的に知ることです。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
私の専門分野は、センシティブな問題も含んでいる内容なので、学生がどう受けとめるかに心配りを忘れず、できるだけ、明るく、楽しく、学問的に伝えることに気をつけています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
女性・母性に興味を持ったといってくれること、授業後や研究室に質問に来てくださることです。また助産師をめざしてくれる学生もいることがうれしいです。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
女子学生ばかりなので、私の専門分野で、とことん、思いっきり、女子トークができるところです。
先生ご自身にとって、学生とはどのような存在ですか?
刺激を与えてくれる存在です。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
「only one」の自分自身に磨きをかけられること
私のエレガンス
心にゆとりを持って接すること

座右の銘

千里の道も一歩から
自分自身を振り返ってみて、その言葉の想いを強くしています。年齢を経てもわからないことだらけですが、わからないことを発見して調べるプロセスが好きです。

プロフィール

保持資格 看護師、助産師
趣味 美味しいものをいただくこと
特技 秘密
こだわり 楽しく過ごすこと
感銘を受けた作品 大地 (パール・S・バック著)
性格を一言で 真面目です。
チャームポイント 社交的に振る舞おうとするが、本当はシャイなところ
休日の過ごし方 リフレッシュを図ること

img_next01

詳細(教員データベース)