学びのポイント

  • 日本初・4年制大学で
    調理師免許取得

    食に関する科目・実習など4年間を通じてじっくり学びます。卒業時には調理師免許と2級菓子製造技能士(洋菓子)受検資格が得られます。

  • 「食」をトータルにマネジメントできる人材の育成

    調理・製菓実習に加え、文化・安全・ビジネスといった「食」の専門知識を深めます。また中学と高校の教員免許(家庭)を取得することもできます。もちろん「おもてなし」の基本も学びます。

  • 文系女子の「食分野」への就職を強力にサポート

    ビジネスマナーや社会人基礎力を学び、あらゆるビジネスに対応する資格取得とインターンシップの実践などの機会が豊富にあります。

コース紹介

調理・製菓スペシャリストコース

食に関する幅広い知識、教養を身につけた調理師・パティシエをめざすコース。 調理・製菓の技術を、資格取得にとどまらず、食の安全に関する学びやインターンシップを通して磨き上げていきます。さらに、おもてなしの心、経営に関する知識、海外に発信できる語学力まで学びを深めることにより、現場で活躍できる応用力を養います。


    卒業後のキャリアイメージ
  • Cafeオーナー兼シェフ
  • 店舗経営の能力を備えた調理師
  • 魅力的な店舗デザインができるパティシエ
卒業後のキャリアイメージ
    身につく力や取得できる資格
  • 食に関する専門的な知識や技術
  • ビジネスマナーや社会人基礎力
  • 食をトータルにマネジメントする力
身につく力や取得できる資格

食マネジメントコース

調理師資格を基礎におき、「食育・安全」、「食産業」、「食文化史」の各領域を究めることによりマネジメント力を養い、幅広い分野での活躍をめざすコース。 素材の知識と調理の技能をいかして、こどもたちの食育、安全でおいしい食を提供するための衛生管理、楽しんでもらえるお店のデザインと活気やいやしの演出法、むかしの食事や海外の食習慣を将来の食にいかす研究など、さまざまなテーマに取り組むことで多種多様な食関連の業界で活躍する力を養います。

    卒業後のキャリアイメージ
  • ホテルのフロント部門
  • 食ビジネスに詳しい中学校・高等学校「家庭」教諭
  • 輸入食品を扱う商社(バイヤー)
  • 自治体・協同組合の食の専門職
  • 食関連の雑誌を扱う出版社(フードライター)
  • 食品企業のマーケティング部門、品質管理部門
卒業後のキャリアイメージ
    身につく力や取得できる資格
  • 食に関する専門的な知識や技術
  • ビジネスマナーや社会人基礎力
  • 食をトータルにマネジメントする力
身につく力や取得できる資格

サポート体制

第一線のシェフやホスピタリティのプロなど、食に関わる各分野の専門教員が指導

フランスのマキシム・ド・パリなどで活躍、その後京都宝ヶ池プリンスホテルで和食・洋食の総料理長を務め、京都府知事より「現代の名工」も受賞した神田正幸先生をはじめ、各分野を極めた教員から学ぶことができます。

日本有数の食とおもてなしのプロからホスピタリティビジネスを
幅広く学べる

全国有数のおもてなし(ホスピタリティ)の専門家である山上徹先生の授業では食文化と接客業などホスピタリティのビジネスについて基本から応用まで実践的で幅広い内容を学ぶことができます。


 
 
インターンシップ

インターンシップは、実際の仕事を通して現場でしか体験できないことを学ぶ場です。知識・技術に加えて、仕事にまっすぐ取り組む真剣な姿勢やチームワークの大切さなど、社会に出る前に知っておきたい事柄をしっかりと発見できる機会です。

百貨店やホテルなど
企業との連携を通して
日々の学びを実践

食文化学科では、全国の企業や施設との様々なコラボレーションを通して、接客や販売、レシピ考案などの難しさ、楽しさを実践的に学べる機会を用意しています。新阪急ホテル主催の産地フェアでは、和歌山県の特産品を使ったスイーツレシピを考案。フェア当日は、スイーツを一皿ずつ美しく盛り付け、一般の方に提供しました。大丸松坂屋百貨店との取組みでは、中央市場鮮魚まつり用に魚料理の簡単レシピを、節分用に恵方巻きレシピを考案。恵方巻きは店頭にて販売も行うなど、学外での活動にも挑戦しています。大学で得た知識をいかし、工夫し、現場で経験することで、より深い学びの理解につなげます。


関連情報

  • エレガンスガーデン
  • オープンキャンパス