学科ニュース Department

2020年4月 日本文化創造学科は「日本文化学科」、
こども学科は「こども教育学科」へ名称変更しました

情報メディア学科ニュース

情報メディア学科 香山喜彦教授が「セルオートマトンを用いた新たなデータの変換方法」に関する特許を取得しました

情報メディア学科 香山喜彦教授は、セルオートマトンの新たな構成法により、従来とは異なるデータの変換法を提示した発明について、今回特許を取得しました(特許第6596543号)。

セルオートマトンとは、非常に単純化された数理モデルの一つですが、時間がたつとともに複雑な変化を見せる例も存在し、生命現象や結晶の成長などによる自然現象から交通渋滞や災害時の人の動きなど、多くの複雑な現象を理解するためのモデル化(シミュレーション)に応用されています。

この度の発明では、セルオートマトンを用いたデータ変換手法による、各種データの暗号化処理やデザインパターンの生成などへの応用が見込まれ、今後は更なる用途の拡大も期待されています。

発明の名称:データの変換方法、データの変換装置、プログラム、セルオートマトンの構成方法