8学科の教員があなたをサポートします。

看護学科

青山 美智代

准教授

青山 美智代

アオヤマ ミチヨ

担当科目
基礎看護援助論Ⅰ~Ⅳ / 基礎看護学実習ⅠⅡ / キリスト教の看護と倫理ⅠⅡ / 看護管理・リスクマネジメント論 / 看護研究演習 / 総合実習
研究分野
看護教育(学生の主体的な学習を促進する方法、主体的学習のための教材開発、主体的な学習を促進するための評価法について研究しています。)
私のチャレンジ
遠距離通勤がチャレンジです。車内時間の有効利用を模索することもチャレンジです。
私のエレガンス
コロン、アロマオイル、柔軟剤など、フレグランスを使うとエレガントな気持ちになります。

“基礎看護援助論Ⅰ~Ⅳ”は、同じ分野の先生方と一緒に担当しています。事前・事後学習課題をとおして、事前準備と振り返りの習慣を獲得し、自ら学ぶことを経験できるよう展開しています。
“キリスト教の看護と倫理Ⅰ”では、歴史的・文化的な要素を取り入れ、学生自身も歴史の一部であることが実感できるよう授業を展開しています。学生は、自分自身が描く“良い看護師”や“女性”のイメージと看護が職業化する前のキリスト教における“慈悲の行い”や近代の女子教育との繋がりについて、知的な関心や興味を持つようです。
基礎看護援助論Ⅰ~Ⅳでは、ユニフォームを着用し模擬病室(実習室)で互いに看護師役と患者役と観察者になって援助技術を学習します。
基礎看護学実習ⅠⅡでは、ユニフォームを着用して、病院実習を行います。初めて患者や看護師と接するため緊張を伴いますが、それ以上の達成感・成長・今後の課題を実感することができる学習です。
学生には自分の行動の理由や方法を明確にし、それらを他者に伝える力をつけてほしいと思います。行動の根拠を明らかにするためには、調べ学習を通じて自ら知識を得ること、経験をつなげて応用する思考や姿勢が必要です。大学生として、面倒がらずに自ら調べる・考える・表現する習慣と力を獲得してほしいと思っています。

受験生へのメッセージ
自分のひっかかりにこだわって考えることが好きな方、視野を広げて新しい自分を発見したいと考えている方、人の役に立ちたいと思っている方、お待ちしています。

私のイチオシ授業

基礎看護援助論Ⅰ~Ⅳ
看護実践に必要となる技術の基本を学びます。看護実践に必要となる技術は大きく二つに分けて考えられます。ひとつは“看護ケア基盤形成の方法”(人間関係の形成、人の尊厳を尊重する態度、患者に必要な看護の計画と実施、教育的な関わり、チームワークと管理など)、もうひとつは、“看護基本技術”(呼吸や循環を観察し維持する技術、食事や排泄のバランスを整える技術、身体を清潔にする技術、患者が使用するベッドや病室や病棟の環境を整える技術、衛生状態を保ち感染を防ぐ技術、治療に必要な薬物治療を実施する技術など)です。基礎看護援助論ではこの二つを段階的に積み上げながら学習します。そのため、毎時出席することが必須です。
看護者の行動には目的と根拠があります。そのため学習のポイントは、根拠を知り、応用する力を獲得することです。具体的には、学習の第一段階は、根拠と方法を“知る”ことです。行動の根拠を言葉で説明し、仲間と共有することは、知的な感動に繋がります。第二段階は、その感動体験から技術を“身につける”ための反復練習です。第三段階は、病院実習で患者や状況をよく考えて、患者に合わせて“使う”段階です。このようなステップを踏んで学ぶことは、看護学を専攻する大学生としての知的な成長と倫理観の涵養につながると思います。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
学生と目線を合わせて接することを心掛けています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
先輩学生の臨地実習での成功体験を紹介した時、受講していた学生が、「自分も先輩のような看護援助が実践できるようになりたい」と語ってくれたことは、とてもうれしい思い出です。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
広く清潔感のある校舎や実習室で学べることです。整った環境は、そこにいる人の尊厳を高め、もてなす姿勢を表していると思います。
先生ご自身にとって、学生とはどのような存在ですか?
次世代の看護活躍の場を切り開いてくれる大切な宝だと思います。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
自分の疑問を探究し、単に“自分が知らなかったこと”なのか、“まだ誰も明らかにしていないこと”なのかを一緒に発見しましょう。

座右の銘

運や偶然を味方にする
人生には思うようにいかないことがありますが、自分のことを運がいいと思う人は、偶然の中にある幸運に気づくことができる才能があります。さらに偶然や運に対して感謝する人は幸運を引き寄せられる人です。

プロフィール

保持資格 看護師
こだわり 何にでも自分のこだわりを少し加えて、感動する。
自慢できること 疑問をすぐに検索すること。
趣味 音楽鑑賞、ライブに行くこと。
特技 好き嫌いなく、なんでもおいしく食事すること。
感銘を受けた作品 絞れません。
休日の過ごし方 ショッピング、バラエティ番組を見る。
性格を一言で 穏やかだと言われます。
チャームポイント 穏やかな話し方と優しい声

img_next01

詳細(教員データベース)