2017年度 新刊・受賞・掲載情報

      
卒業生の新聞連載が始まります
 

児童文学科卒業生の井上林子さんの連載が、8月1日から毎日新聞(西日本版)朝刊「読んであげて」欄で始まります。
タイトルは「風の子ぷうの夏休み」。8月1日から31日までの全31回。
日常のファンタジーを描く1、2年生向けの幼年童話で、挿絵も井上さんが担当します。
かぜのはら小学校にすんでいる風の子ぷうが、夏休みの小学校で、楽しいことをいっぱいします。
学校図書館でひらかれた「ぬいぐるみのおとまり会」に、ちゃっかり参加したり、
理科室でヒミツの魔法の実験をしたり……。風の子の夏休みって、最高!
WEB版でも読むことができます。https://mainichi.jp/yonde/
風の子ぷうと一緒に、夏休みをお楽しみください。

2017/07/27

     
      
卒業生の作品が絵本コンクールに入賞・入選しました
 

本学こども学科卒業生の絵本作品が、「おおしま国際手づくり絵本コンクール2017」において、入賞・入選に輝きました。
  

応募作品255点の中から、2015年度卒業生の斉藤郁(ペンネームあかねこ)さんの作品『おもちさん』が奨励賞(NHK富山放送局長賞)、2016年度卒業生の山田梨沙さんの作品『ねずみくんとともだちのはなし』も奨励賞(北陸中日新聞賞)を受賞し、2012年度卒業生の上牧清美さん作の『しばいぬのきなこ』が入選しました。
斉藤さんと山田さんの作品はいずれも卒業制作絵本として制作されたもので、動物が主要な登場者として活躍する心温まる物語絵本です。
また上牧さんは、2010年に奨励賞を受賞以来、金賞、銅賞、奨励賞など毎年連続して入賞・入選を果たし、充実した制作を続けています。
詳細はこちらへ。
http://www.ehonkan.or.jp/recruit/contest_index.html
7月5日(水)から7月23日(日)まで、射水市大島絵本館において「入賞・入選作品展」が開催され、7月22日(土)には表彰式が開かれます。この間に北陸路を訪れる予定のある方は、ぜひ同館にお立ち寄りいただき、手づくり絵本をお楽しみください。

2017/07/12

     
      
新刊情報'17 (2)
 

卒業生の新刊が出版されました。

『10歳までに読みたい日本名作(3) 走れメロス/くもの糸』(学研プラス)
 原作:太宰治 原作:芥川龍之介 文:楠 章子 監修:加藤康子
『笑い猫の5分間怪談(11)失恋小説家と猫ゾンビ』(KADOKAWAアスキー・メディアワークス)
 責任編集・作/那須田 淳 カバー絵/okama 作/松原秀行 柏葉幸子 雪乃紗衣 宮下恵茉

2017/07/03

     
      
卒業生の著書が読書感想文の課題図書になりました
 

楠章子さんの著書『ばあばは、だいじょうぶ』(童心社)が、
第63回青少年読書感想文全国コンクール小学校低学年の部の課題図書に選ばれました。
小学生のつばさの視点から、認知症によって少しずつ変わっていってしまうばあばと向き合い、受け止めていく家族のつながりを描いています。
課題図書の紹介ページで試し読みもできますので、ぜひご覧ください。
http://www.dokusyokansoubun.jp/index.html

また楠さんは、現在発売中の雑誌「文芸ラジオ」3号にも、短編「もやり草」を寄稿されています。
こちらもぜひご覧ください。

 

2017/06/20

     
      
新刊情報'17 (1)
 

卒業生の新刊が出版されます。

『龍神王子! ドラゴン・プリンス(9)』(講談社青い鳥文庫) 作:宮下恵茉 絵:kaya8

2017/04/01

     
・プライバシーポリシー