8学科の教員があなたをサポートします。

日本文化学科

重松 恵美

准教授

重松 恵美

シゲマツ エミ

担当科目
創作の基礎Ⅰ・Ⅱ / 美しい日本語(書き方)
研究分野
日本文学(近現代)
私のチャレンジ
あきらめないこと。続けること。つながっていること。自分に自信がない時は、自分を信じてくれる人を信じます。
私のエレガンス
無理をしないこと。背筋をのばすこと。オシャレはちょっと苦手です。ジャケットには小鳥のブローチ。時々、着物を着ます。

創作の基礎クラスを担当しています。広告文を作ったり、小説を書いたり、お互いの作品を読んで批評したりする授業です。まずは、のびのびと書いてください。書くことと、読むこと・読まれることに慣れるまでを手助けします。

受験生へのメッセージ
学生時代は猶予期間(モラトリアム)であり、変化の時です。悩んだり失敗したり時々休んだりしながら、様々な経験を重ねましょう。いずれ羽ばたく時が来ます。

私のイチオシ授業

創作の基礎Ⅰ
和菓子屋、パン屋、本屋を舞台にした小説を書く授業です。お店の名前や雰囲気、品ぞろえ、店員の人物像などなど具体的に想像して、商品のポップやチラシ、お店紹介の雑誌記事なども作成します。架空の職業体験をしながら文章表現力と自己表現力を高め、ワードやエクセルなどパソコンの扱いも習熟します。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
困っている人、退屈している人がいないように目配りしています。困っている人にはアドバイスを、退屈している人には次の課題を出します。書くこと読むことに熱中している人のことは、こっそり見守ります。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
日本文化創造学会(現・日本文化学会)主催のバス旅行で、金沢へ行ったこと。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
花と緑に囲まれ、小鳥を愛で、学生と語らうひとときを持つこと。
先生ご自身にとって、学生とはどのような存在ですか?
気になる存在。元気でいるのか、課題は出したか、ご飯は食べたか、忘れ物はないか……。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
日々、季節の移ろいを感じること。季節を知ることは日本文化を学ぶこと、そして、心身を健康に保つ秘訣です。

座右の銘

何とかなる
運を天に任せる気持ち。無理かもしれないと思うとき、自力でどうにもならないとき、冷静になるためのおまじないです。

プロフィール

保持資格 国語科教員免許(中学・高校)、図書館司書
受賞歴 特になし。子どものころ夏休みに日焼けして賞状をもらいました(野山で遊ぶ元気な子でした)。
趣味 縫い物(針と糸と布が好き)
特技 二絃琴(二本の糸を張った琴)
自慢できること お仕事いろいろ。アルバイトもいろいろ。
こだわり 普段はマイペース。突然何かを思い立って積極的に行動する。
感銘を受けた作品 ヴェルコール「海の沈黙」(フランス文学)
性格を一言で 大雑把で時々几帳面
チャームポイント 末っ子なので、隅っこが好き
休日の過ごし方 出かけると、ひたすら歩く。出かけない日は、気づくと夕方。

img_next01