8学科の教員があなたをサポートします。

食文化学科

東四柳 祥子

准教授

東四柳 祥子

ヒガシヨツヤナギ ショウコ

担当科目
日本文化と食 / BAIKAセミナー / 食生活概論 / 食と近現代 / 世界食文化研究 / 美食の歴史 / 食物史研究 / 食の比較文化論 / 食文化演習I・II / 卒業研究I・II
研究分野
比較食文化論 / 料理書文化の国際比較
私のチャレンジ
「和食」の魅力を世界中に伝えたい。

国内外の料理書文化について研究をしています。授業では、さまざまな国の料理書を比較しながら、そこからみえてくる特徴やおもしろさについて、学生たちと話しあっています。世界の食文化の比較は、和食文化の魅力を再発見する糸口にもなるはず。楽しく食文化の奥深さについて学んでみませんか?

受験生へのメッセージ
私の経験から、食の話題が豊富だと、なぜか海外の方々に喜ばれます。海外のお友達も増えるかも。楽しく、そしてグローバルに大学生活を送りたいみなさん!是非梅花の食文化学部へいらしてくださいね!

私のイチオシ授業

食と近現代
幕末から現代にかけての日本の食卓150年史を紐解きます。またこの授業では資料を読み解くだけでなく、昔のレシピの再現調理実習にもチャレンジいたします!実際に味わうことでみえてくる世界を、一緒に共有しませんか?
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
笑顔であいさつすること&丁寧な言葉づかいを意識すること。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
お誕生日のサプライズ...ですかね。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
「梅花女子大学」という名称は、日本で1番素敵な大学名だなと感じています。海外でも「素敵な名前だね」って評判なんですよ。毎回胸を張って、名刺を渡しています(笑)
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
食文化学部には、世界の食文化をたずねる海外研修があります。生ハム・チーズ・バルサミコ酢の生産所見学、海外で活躍する日本人シェフ・パティシエとの出会いなど、観光旅行では味わえない貴重な経験の数々が、みなさんを待っています。

座右の銘

「カステラの心」四か条
「生きていくうえで、大切にしようね」って、学生たちと共有しているモットーです!
 カ 活発に
 ス 素直に
 テ てきぱきと
 ラ 楽天的に(ポジティブに)

プロフィール

受賞歴 石川松太郎食文化研究奨励賞受賞(2012.11)
著書 『近代料理書の世界』『日本の食文化史年表』ほか
趣味 おいしいお味噌汁作り
こだわり 日々の出会いを大切にすること
感銘を受けた作品 Danish Cookbooks : Domesticity and National Identity, 1616–1901 by Carol Gold
尊敬する人 日本の食文化の発展に尽力したすべての方々
性格を一言で マイペース
休日の過ごし方 本屋さんめぐり/喫茶店でぼ〜っとする

img_next01

詳細(教員データベース)