8学科の教員があなたをサポートします。

こども学科

崎野 温代

教授

崎野 温代

サキノ アツヨ

担当科目
国語科指導法Ⅰ・Ⅱ / 生活科指導法 / 国語科内容論 / 生活科内容論 / 教育実習(初等) / 初年次セミナーⅡ / 問題発見・解決セミナーⅠ・Ⅱ / こども学入門(オムニバス)美しい日本語(書き方)
研究分野
小学校教育課程及び指導法(国語科・生活科)
私のチャレンジ
「昨日よりいい今日」を目指して、一歩ずつ歩みを進めることです。
私のエレガンス
笑顔で応えること。だれもが心地よく感じることができる場が作れること。

2018年度から、本学で小学校一種免許が取得できるようになりました。学校教育の場で、こどもたちが、主体的に対象に向かい、仲間と対話を重ねながら、深い学びを実現できるよう、幼児教育と小学校教育をつなぐ鍵となる国語科、生活科という教科を中心に研究を進めています。これまでの小学校現場での経験を活かし、自信を持って子どもたちの前に立ち、指導ができる小学校教員の育成に向けて、具体的で実践的な授業をめざします。

受験生へのメッセージ
まず大きな夢を持っていてほしいです。そして、その夢の実現に向けて、一生懸命がんばろうという強い気持ちを持って、粘り強くチャレンジしてほしいと願っています。

私のイチオシ授業

生活科指導法
小学校1、2年生が学ぶ「生活科」という教科は、具体的な活動や体験を通して、よき生活者として求められる能力や態度を育てる教科、つまり、こどもたちが自立し、生活を豊かにする力を身につけることをめざす教科です。生活科を核として、幼稚園や保育園等での育ちと小学校の学びをつなぐスタートカリキュラムが重要視されています。小学校教員をめざす人はもちろんのこと、幼児教育の分野に進みたいと望んでいる人にとっても、小学校入門期の学びの姿を理解することはとても意義深いことです。こどもの視点に立ちながらの四季折々のフィールドワークや季節の自然物や身の回りの材料を使った創作活動、また、現場の授業参観、授業モデルづくり、模擬授業など、多種多様な授業内容で進めます。同時に、私たち自身も、ともに活動し、意見交流を重ねながら、互いを認め合い、高めあえる時間にしたいと思っています。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
愛情に裏打ちされた温かさと厳しさの両面を持ち合わせて誠意を持って接すること、公正公平にブレない関わりをすることです。常に、可能性に満ちた学生たちの将来を考え、思いを受け止めながら、夢の実現に向けて、よりよく進めるよう導いていければと思っています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
和気あいあいと賑やかに会話が弾む中でも、ここぞというときには、しっかりと顔を上げ、真剣な眼差しで話を聞き取ろうという気持ちが感じられる瞬間が素敵です。そして何より梅花女子大学には、すれ違うときに進んで気持ちのいい挨拶をしてくれる人が多くいることに感激しています。挨拶は全て基盤になると思うからです。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
徹底した少人数指導により、学生一人ひとりの持ち味や個性に応じたきめ細やかな指導が可能であり、自立した女性をめざし、一人ひとりが望むキャリアを獲得するまでの一助となれることです。
先生ご自身にとって、学生とはどのような存在ですか?
私はこれまで小学校現場で、幼児期から青年期に向かう子どもたちの教育に携わってきました。その後、その子どもたちが学びを重ね、人として成長し、自分の道を切り開こうとしています。その着実に成長しようとする姿は、私自身のエネルギーそのものです。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
恵まれた自然環境、学習環境の中で、女性ならではの感性を生かして、キャリア取得と一社会人として自立を目指すこと。

座右の銘

笑顔でチャレンジ!
笑顔は幸せを呼び、チャレンジする姿勢は人生を切り拓くと心しています。「同じやるなら、嫌々やるのではなく進んでやろう!やってみなければ、成功は愚か、失敗すらできず、一歩も前に進めない!」と考えます。いつも笑顔を絶やさず、成功を恐れず、でも無理をせず、自分らしく進んでいきたいと思っています。

プロフィール

保持資格 小学校教諭1種免許、中学校教諭1種免許(国語・英語)、高等学校教諭2種免許(国語・英語)
趣味 ずっと無趣味できました。現在、模索中です
特技 特にありませんが、格安旅行のプランニングは得意です
こだわり 楽しみながらチャレンジすること
性格を一言で 楽天的でポジティブな性格だと思います
休日の過ごし方 たまった家事を片付けて、少しでも時間を見つけ、買い物や映画鑑賞、ゴルフやスキーなどを楽しもうとしています

img_next01

詳細(教員データベース)