梅花では全ての学科にコミュニティールームがあります。口腔保健学科のコミュニティールームでは教員と学生、学生同士のコミュニケーションや学びを深める場として気軽に利用できます。
実際の歯科クリニックと同等の機器や器具を備えた実習室です。臨床臨地実習先でより深く効率よく学ぶための施設でキャンパス内で充分な模擬体験を行える環境が整っています。
AV 機器を備えた最新の歯科診療台を設置しています。1 クラス使用時、3 人1 組で実習が実施できるように診療台を配置。最新の機器を備え、歯科予防処置、歯科診療補助を中心に実習できるようにしています。
予防処置や診療補助で使用するバキューム、3ウェイシリンジ、エンジンなど最新の機器設備を導入し、口腔内での学生相互の実習の前にマネキン実習を行います。
デンタルとパノラマエックス線検査のできる撮影装置を設置。歯科診療におけるエックス線検査の役割は大きく、歯科医師が行うエックス線撮影を歯科衛生士が補助します。
実習はユニフォームで行います。そのため更衣を行う専用スペースを設置し、快適な実習環境を整えます。