学科ニュース Department

口腔保健学科ニュース

口腔保健学科の学生が制作したオーラルケアWEBサイト開設!!

いばらき×大学連携事業で子どもたちのむし歯を減らそう!
~歯科衛生士のタマゴたちが取り組むオーラルケア~
 
 歯科衛生士をめざす看護保健学部 口腔保健学科の学生有志(チーム名:BAIKA14+α(バイカ フォーティーン プラス アルファ))が、
オーラルケア習慣の重要性を発信して、子どものむし歯を減らすことを目標に「みんなで磨こう!歯ッピーライフ!」という活動を行っています。
この度、活動の一環で、いばらき×大学連携事業として、茨木市に住む子育て世代のパパ・ママをはじめ、子どものオーラルケアに関心がある
パパ・ママに向けた、オーラルケアのWEBサイトを制作しました。
WEBサイトは、茨木市内のママを対象に行った座談会やアンケート調査の結果をもとに制作をしました。
いつもの歯みがきがちょっとした親子のコミュニケーションタイムへ変わるような、楽しみながらできるブラッシングのコツも掲載しています。
生涯にわたるオーラルケアの定着には、幼少期に習慣づけることが大変重要です。このWEBサイトがオーラルケアに悩むパパ・ママが笑顔で子育てを楽しめる“きっかけ”を提供できれば幸いです。  
制作にあたり、茨木市に本社がある幼児向けオーラルケア製品の開発・製造・販売されている
「丹平製薬株式会社」様の協力を得ながら進めています。
 
また「BAIKA14+α」の Facebookページを開設しました!  
今後も、オーラルケア習慣の重要性を発信していきます。応援よろしくお願いいたします!